秋田市で日帰り白内障・硝子体手術・網膜治療なら
神眼科クリニック

〒010-0041 秋田市広面字近藤堰越4-1
秋田駅西口よりバスで13分  広面小学校前バス停下車 徒歩2分
広面小学校すぐ横
スーパードラッグアサヒ秋田広面店様 西側道路向かい

お気軽にお問い合わせください

018-838-4146
受付時間
月・水・金8:30-12:00 14:00-17:00      
火・木  8:30-12:00 午後手術日        
土曜   8:30-12:00                        
休診日
日曜・祝日

当院の白内障手術の特徴

大学病院で培ってきた経験

難症例が集まる大学病院で白内障手術の経験を積んできた実績があります。
日本全国で普及している白内障手術は安全に、かつ視力改善効果が極めて高く、広く普及している術式となります。
しかしながら、患者さまそれぞれの体質により難易度に差があります。
難しい状況の手術を大学病院で経験し、安全に手術を完了させる方法を学んでまいりました。
手術機器も大学病院と全く同じものを揃えて、今まで大学病院で提供してきた医療レベルを変わらずご提供することが可能です。
麻酔をきっちりと効かせた、痛みの極めて少ない極小切開での手術を行っております。
また、万が一のトラブル(眼内炎、核落下など)が起こった際にも、従来は大学病院に紹介されての手術が必要でしたが、当院にはトラブルを対処する硝子体手術が可能な設備を備えております。緊急搬送することなく、速やかな処置が可能となっております。

デジタルガイド機能付きの手術顕微鏡

白内障手術では、ほとんどの部分で術者のテクニックに支えられての手術となります。習熟した術者による執刀は何より安全な手術となります。
しかしながら、近年人の目では見ることのできない部分を、機器が補ってくれるようになりました。当院で言えばそれはデジタルガイド付きの手術顕微鏡となります。
当院では県内初導入となるカールツァイス社製のCalisto Eyeを保有しております。この機器の特徴は、術者がのぞいている顕微鏡に、あたかも戦闘機のパイロットが到達目標をヘルメット内に映し出すかのような技術で、視野内表示することで人の目では判断できない指標を示してくれるところにあります。
たとえば、メスにて切る長さを間違いなく示してくれたり、個々人の乱視指数を表示し、裸眼視力の向上に寄与してくれたりするものです。
大学勤務時代熱望しておりました装置でしたが、当院ではよりよい視力のご提供のために導入させて頂きました。
この機器を使うことでの患者さまのデメリットは全くなく、また手術費用の増加は全くないため、患者さまの負担は増えることなくより質の良い白内障手術のご提供が可能となっております。

丁寧なインフォームドコンセントを心がけます

白内障手術の際に使用するレンズは患者さまに合わせて事前注文する方式となっております。
その際、遠くが見えた方がいいのか、室内重視がいいのか、
他の目の病気を考慮したレンズにするべきか、乱視矯正レンズを選ぶべきか、
遠近両用のレンズが適しているかなど、多岐にわたる選択肢があります。
生活環境をお伺いし、患者さまのライフスタイルに合わせた最適な手術方法を、可能な限り丁寧にご説明いたします。
ご不明な点は診察時にお気軽にお尋ねください。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

018-838-4146
診療時間
月・水・金8:30-12:00 14:00-17:00      
火・木  8:30-12:00 午後手術日        
土曜   8:30-12:00                        
休診日
日曜・祝日